ドライバーのテンプラ防止練習ドリル

今回は、ドライバーのテンプラ防止練習ドリルについて、紹介したいと思います。

ドライバーショットでテンプラが出てしまう方に、有効な練習方法です。
テンプラを打ってしまう方は、フェイス面よりも上側にボールが当たってしまう
ことが原因です。

フェイス面がかぶりながらスイングしてしまう方に、
テンプラが出やすいです。

かぶりながら

上からたたきつけるようにうってしまうと、テンプラになってしまいます。
上にボールが上がってしまいます。

今回は、その動きの逆を作っていきます。
理想的なドライバーの動きは、ヘッドが上がり始めるときに、
ボールを捉えると、正しいスイング軌道になります。

身体の中心がスイングの最下点になり、
そこから前にボールがセットしてありますので、
ボールをアッパーブローで打つことができます。

テンプラを打ってしまう方は、フェイス面がかぶり、
身体が突っ込んでしまい、ボールがフェイス面の上に当たってしまう訳です。

ここでティアップしてあるボールのヘッド1個半前方に、
ボールをセットしていきます。

ティアップ

このようにセットしたら、前方にボールに当たらないように、
スイングしていきます。アッパーブローを意識して、
スイングしていきます。

通常通りにアドレスして頂いたら、前方のボールに当たらないように、
スイングしていきます。このようにスイングすることで、
テンプラはなくなっていきます。

アッパーブロー

▼動画レッスンはこちら▼
)

アウトサイドインの軌道を簡単に修正する方法

今回は、アウトサイドインの軌道を簡単に修正する方法
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

スライスで悩んでいます。スイング軌道を

チェックしてみたら、アウトサイドインに

なっていました。何か良い解決策がありましたら、

教えて下さい。よろしくお願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

ゴルフのスイングで、最も重要な点は、
スイングプレーンに重なったスイング軌道を描いているかどうかです。

クラブがオンプレーンを描くことが、ナイスショットのポイントです。
スイングプレーンは、インサイドインであることが理想的です。

スイング軌道は、ボールの方向や飛距離に重大な影響を与えます。
誤ったスイング軌道が身についてしまうと、修正することが困難になります。

アウトサイドインは、バックスイングやダウンスイングの時に、
飛球線をオーバーしてしまい、インパクト後のフォロースルーで、
インサイド軌道になってしまうことです。

ボールをしっかりつかまえることができず、
大抵の場合、スライスボールが出やすくなります。
多くのゴルファーは避けたいスイング軌道です。

そこで、アウトサイドインを修正するドリルを紹介します。

ボールの後方に、ヘッドカバーをセットして下さい。
ヘッドカバーを置くことによって、ヘッドカバーが邪魔して、
クラブをアウトサイドいんには振れません。

アドレス

ヘッドカバーに当てないようにスイングすることによって、
ストレートからインサイド軌道のスイングが身につきます。

アドレス2

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

ドライバー・アイアンの飛距離が出ない人の共通点&修正するドリル

【お悩み】
===========================
「インパクトで、両肘が曲がってしまい、飛距離が出ません。
正しいインパクトの方法について、教えて下さい!
===========================

というご質問にお答えしたいと思います。

女性のゴルファーの方々の中には、
インパクトで肘が曲がってしまう方が多い傾向にあります。

飛距離が出ずに、テンプラやトップが出やすくなってしまいます。
このお悩みを解決する練習ドリルは、スプリットハンドがおススメです。

右手のグリップは下になり、左手のグリップは上になります。
両手の間隔は、15センチくらい空けます。

この状態から、通常通りのアドレスをとります。
アドレスした時に、右肩が下がる状態になりますが、
このことはあまり気にすることはありません。

左腕をきちんと伸ばして、アドレスをとって下さい。
ボールは、ティアップして下さい。

スイング幅は、ハーフスイングにして下さい。
ポイントは、インパクトの時に、グリップエンドをお腹に向けることです。

右手は、飛球線方向に伸ばしていきます。
インパクトからフォロースルーにかけて、両手が交差する感じで振り抜きます。
6

この動きをすることによって、フェイスローテーションが出来てきて、
ボールがつかまりやすくなります。

インパクトより手前で右腕を伸ばしてしまうと、ダフってしまうので、
インパクトの跡で、右腕を伸ばすようにして下さい。

動画レッスンをご覧ください

最後までご購読いただきありがとうございます。