パターの方向性を安定させる為の練習方法

今回は、について、紹介したいと思います。

写真のようにボールをセットしてみて下さい。
実際にボールを打つのは、左端のボールです。

写真のようにボールをセット

右側にある2つのボールは、カップに向けての入り口の門になります。
ここを通過しないと、ボールはカップに入ることはありません。

カップに入りません。

2つのボールは、仮想の門になります。
スライスラインなら、左側に2個のボールをセットします。

常に入り口をイメージして、そこを通過させるイメージを持ちます。
常に入り口をイメージしていただくと、少し長い距離になっても、
パッティングラインをイメージすることができます。

それでは、実際にボールを打ってみたいと思います。
ボールとボールの間の間隔が狭いと感じた時は、無理しないで、
ボールとボールの間隔を広げてみて下さい。

実際に打って

このように入り口を想定して、本番でも打てるように練習してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

ストローク中にパンチが入ってしまう方への改善方法

今回は、ストローク中にパンチが入ってしまう方への改善方法や
パターの振り幅をコントロールする為の練習方法について、紹介したいと思います。

このようにボールを両足のつま先の前にセットしてみて下さい。
ボールの前にアドレスしてみて下さい。

セットします。

つま先の前

ここで、バックスイングの時にボールに当たらないように、
前にヘッドを出した時もボールに当たらないように、
スイングしてみて下さい。

バックスイングの時に

ストロークを作ってみて下さい。
地面にセットしたボールに当たらないように、ストロークしてみて下さい。
ここで、実際にボールを打っていきます。

前に出した時も

ボールよりも1個前に出していただき、セットしてみて下さい。
アドレスしたら、両端のボールに当たらないように、
真ん中にセットしたボールを打ってみて下さい。

何回かストロークしてみて下さい。
このようにふり幅を揃えて、同じ距離にボールを止めるようにしてみて下さい。

この練習で、1球だけボールが転がってしまったり、
1球だけボールが転がらなかったりしてしまうと、
パターの安定感がなくなってしまいます。

ふり幅で一定のリズムとストロークをマスターしてみて下さい。
このドリルで、ふり幅を矯正して、練習してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

ロングパットの距離感を養うための練習方法

今回は、ロングパットの距離感を養うための練習方法について、紹介したいと思います。

今回のドリルは、目をつぶって、ボールを打っていただきます。
目をつぶっていく際に、目をつぶって打って、ボールが止まったら、
打ったボールがピンより手前なのかを感じてみて下さい。

目をつぶって打って

そこからカップを見て、ボールのポジションをチェックしてみて下さい。
そのイメージと合っていれば、大丈夫です。

目を開けて

再びさきほど打ったボールの距離感を計算に入れて、打ってみます。
目を閉じて打ったら、目を開ける前にピンの手前か後ろかどこに止まったか、
反省してみて下さい。

目を開けた時に、ボールの止まった位置をチェックしてみて下さい。
それでは実際にボールを打ってみたいと思います。

実際に

目をつぶります。ボールが転がっている間に、目を開けないようにして下さい。
ボールが完全に止まったことを感じてから、目を開けて下さい。

もう一度打ってみたいと思います。先ほどと同じストロークができてたら、
大丈夫です。

ボールを打ったら、完全に止まるのを感じてから、目を開けます。
今度は、目を開けて、先ほどのイメージを感じながら、打ってみて下さい。

このように距離感を養うドリルです。みなさんも目を閉じた練習ドリルを実践してみて下さい。
ラウンド前の練習グリーンで練習してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼