フィニッシュを一瞬で綺麗につくる方法

今回は、フィニッシュを一瞬で綺麗につくる方法
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

フィニッシュが簡単に崩れてしまいます。

フィニッシュを綺麗にする方法があったら、

教えて下さい。お願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

クラブを最後までスイングした状態ををフィニッシュと言います。
(インパクト~フィニッシュまでの過程ををフォロースルーと言います。)

トップの状態と同様に、フィニッシュも止まったした状態になるので、
フォームを確認しやすいはずですから、
フォームに問題がないか、チェックしてみましょう。

スイングは、フィニッシュが最も重要です。
フィニッシュを作ることによって、スイングが美しく見えていきます。

フィニッシュをきれいに作る3つのチェック項目をお話ししていきます。
まずスイングをしていく際に、フィニッシュの段階で、
左足1本で体重を支えることです。

finishu

次に、フィニッシュの際に、シャフトが耳を貫くように構えることです。

finishu2

また左ひじの角度が、90度になっていることです。

kakudo

このようになってくると、フィニッシュをきれいに作ることができます。
この形を目指して、きれいなスイングを身につけて下さい。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

フィニッシュで右足に体重が残ってしまう方の速攻解決ドリル

今回は、フィニッシュで右足に体重が残ってしまう方の速攻解決ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

フィニッシュで右足に体重が残ってしまいます。

何か良い練習方法があったら、教えて下さい。

=====================

というご質問にお答えします。

フィニッシュで右足に体重が残ってしまうと、
右足を上げることができません。

右足

直接的な要因は、腰と肩が十分に捻転していないからですが、
捻転しない最大の原因は、バックスイングの時の右足にあります。

バックスイングで、クラブをトップまで上げた時に右膝が伸びてしまい、
右腰が後方に引けてしまい、右足のかかとに体重がかかってしまうと、
十分にに腰が捻転していきません。

右足の親指の付け根に体重をかけて、しっかり地面を踏みしめる事を心掛けて下さい。
その時に、右ひざの曲げ具合の角度、右ひざの位置関係と方向が
全く変わらない様に気をつけて下さい。。

アドレスした時の右股関節を中心に上体を捻転していく感覚です。。
バックスイングは、ダウンスイングで左側に回転させる為に重要な動作なので、
スムーズに左回転出来る状態を作っておく必要があります。

左へのパワーを左の壁にぶつけてしまうのではなく、
壁にぶつけながら回転に変換してみて下さい。

そのための練習ドリルを紹介します。
スイングした最後の形の時に、右足を3回
浮かしてみて下さい。

キャプチャフィニッシュ

このようにすることで、左足にしっかりと
体重が乗るようになり、きれいなフィニッシュが作れます。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

フィニッシュを安定させる方法!ポイントは下半身にあり

フィニッシュでいつもよれよれになってしまう方必見のレッスンです。
finish

【お悩み】==========================
下半身が安定しなくて、フィニッシュでよれよれになってしまいます。
何か解決方法がありましたら、教えて下さい!
===============================

とのご質問にお答えしたいと思います。

気をつけていただく点が1つあります。下半身の動きです。

左足の動きですが、左足が流れてしまうと、
身体がくの字になってしまい、フィニッシュが安定しません。

フィニッシュを安定させる練習方法ですが、
フィニッシュが安定しない原因は、フィニッシュで両足の太ももの間が
離れてしまうことにあります。

フィニッシュを安定させるためには、両足の間に隙間ができないことが重要です。
そこで重要になってくるのが、両足の太ももの内側を意識することです。
左足と右足をイメージしてもらい、緊張感を持たせます。

フィニッシュで、両足の太ももの内側を緊張させて、引っ付ける動作を入れて下さい。
両足を引っ付けることによって、体重が左足に乗ってきて、身体の軸が曲がらない
まっすぐなフィニッシュをとれるようになってきます。
aa

両足の内側が離れてしまうと、フィニッシュが安定してきません。
左足が流れず、右足が前に出ないことが大切です。

両足の内側を意識して、ぎゅっと引っ付けるような意識を持ってみて下さい。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。