おへその向きで、上体の捻じれをチェックする方法

今回は、おへその向きで、上体の捻じれをチェックする方法について、紹介したいと思います。
みなさんは、バックスイングで身体の捻転はしっかりできていますか。
今回のレッスンでは、おへその向きをチェックして、上体の捻転を作っていきます。

アドレスを構えた時は、へそは真正面を向いています。
ここからバックスイングをしていった時に、おへそが右のつま先を
向いていることを確認して下さい。

バックスイング

右のつま先の上に、へそが向いていますか?
ダウンスイング、インパクトでは、おへそは、若干左を向いていることを確認して下さい。

インパクト

フォローにかけては、左足つま先の上にくるようにスイングしてみて下さい。
こうすることによって、お腹と背中の筋肉が捻じれてスイングできるようになってきます。

お腹背中捻じれて

それでは、実際にスイングしていきたいと思います。
最初は、おへそは正面を向いています。

バックスイングをしていくに従って、おへそは右を向いていきます。
トップでは、おへそは右足のつま先の上を向いています。

ダウンスイング、インパクト、フォロースルーにかけて、
おへそは、だんだん左方向に向いていきます。

この動きをあまり意識しすぎてしまうと、バックスイングで、
上体が右方向に流れてしまうことがあるので、注意して下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

綺麗なフィニッシュと大きなフォロー習得ドリル

今回は、綺麗なフィニッシュと大きなフォロー習得ドリルについて、紹介したいと思います。

本日の練習ドリルは、ヘッドカバーを使用していきます。
クラブは持たずに、ヘッドカバーだけで練習ドリルを行っていきます。

まず左手にヘッドカバーを持って下さい。

左手にヘッドカバーを持って下さい。

このままスイングを作っていきますが、ダウンスイングから
フォロースルーにかけて、ヘッドカバーを後ろに遠くに投げて下さい。

遠くに投げて下さい。

もう一度やってみたいと思います。左手でヘッドカバーを持っていただき、
通常のアドレスをとります。バックスイングをしていただき、
ダウンスイング、インパクト、フォロースルーをとっていただき、
完全にフォロースルーをとった勢いを利用して、ヘッドカバーを後方に投げて下さい。

このドリルをすることによって、左手をいっぱいに使うことができて、
左胸の筋肉がフォロスルーにかけて、大きく開いてくるのが分かると思います。

このへんの筋肉

ストレッチ効果も期待できます。みなさんも実践してみて下さい。
このドリルはヘッドカバーを使用しなくても、左手1本で練習することができます。

ドリルに慣れてきましたら、クラブを左手1本で持っていただいて、
素振りをしてみて下さい。大きなフォローを作ることができるようになってきます。

▼動画レッスンはこちら▼

テークバックの悪い動きであるリバースピボット修正ドリル

今回は、 テークバックの悪い動きであるリバースピボット修正ドリルについて、紹介したいと思います。
テークバックで上体が前に突っ込んでしまうリバースピボットを修正していきます。

本日のレッスンでは、練習場で使う緑のかごを使用していきます。
かごが無ければかごでなくても結構です。左足を支えることができる物であれば、大丈夫で
す。

かご使用

台に左足をセットしていただいたら、スタンスをとっていただきます。
このようにすることで、バックスイングでしっかりと右足に体重を乗せることができます。

このようにすることで

右足に体重がしっかりと乗っていることが感じられると思います。
この状態から、肩のポジションまでダウンスイングをしてみて下さい。
しっかりと振り抜くようにして下さい。

肩のポジション

それでは打ってみたいと思います。
スタンスは、ワイドスタンスにして下さい。台の端に左足を乗せていきます。
左足のつま先は、若干オープンにして下さい。

ボールは両足のセンターにセットして下さい。
バックスイングでは、右足に体重を乗せていただいて、上体を十分に捻転していきます。

ダウンスイングでは、体重を左足に乗せていきます。
上体をしっかり回してください。

この練習で体重が右足に乗ってくる感覚を覚えて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼