スイングの体重移動マスタードリル

今回は、スイングの体重移動マスタードリルについて、紹介したいと思います。

テイクバックで右足に体重をかけて、ダウンスイングで左足に体重を
かけることができない方々のための解決ドリルです。

体重移動がうまくできない方の特徴としては、スイングがぎこちなくて、
動きが止まってしまう傾向があります。

スイングでは、リズムが大事になってきます。リズムを身につけるための
ドリルが、連続素振りです。

今回のレッスンでは、ボールを打たずに素振りをしていきます。
バックスイングで左足を上げて、トップの状態まで来たら、
右足に体重をしっかり乗せて下さい。

バックスイングで右足を上げる

トップからダウンスイングにかけては、左足を下した反動で、
クラブを下してきてください。

ダウンスイング

フィニッシュでは、左足に体重を乗せていきます。
これを往復して素振りをしていきます。

左足に体重を乗せます。

それでは、実際に素振りをしてみます。
バックスイング、ダウンスイング、フォロースルー、
バックスイング、ダウンスイング、フォロースルーというふうに
連続して、素振りを繰り返してください。

素振り中は、歩きながらスイングする感覚です。
スムーズなスイングが作れるようになってきます。

体重移動もしっかりできてきます。

▼動画レッスンはこちら▼

アプローチでのフォローを考えトップを無くす練習ドリル

今回は、アプローチでのフォローを考えトップを無くす練習ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

アプローチでのミスが多いです。

トップやダフリを無くすための練習方法が

あったら、教えて下さい。

お願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

アプローチでのトップやダフリを解消する
練習ドリルを紹介します。

2人1組で取り組むと効果的です。
まずボールをセットします。

アドレスしたら、ボールから50センチくらい前方に
ひざの高さくらいで、シャフトをセットします。
シャフトが当たらないように、気をつけて下さい。

セット

前方にセットしたシャフトに当たらないように、
スイングしてみて下さい。

フォロースルー

このようにすることで、低く長いフォローを
とることができます。

すくい打ちなどのミスの原因になるスイングが、
無くなってきます。

セットされたシャフトの下を通すようにイメージで、
スイングして下さい。

当たらないように

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

正しいフォロースルーをチェックするための練習方法

今回は、正しいフォロースルーをチェックするための練習方法
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

正しいフォロースルーがとれているどうかが

気になります。正しいフォロースルーを

チェックするための方法を教えて下さい。

=====================

というご質問にお答えします。

フォロースルーをチェックする方法ですが、
フォローの形で、みなさんが思いがちなのは、
両肘が曲がった状態が多いようです。

hijimagari

両肘が曲がった状態だと、ボールの勢いが
減速されてしまいます。
バックスイングからフォロースルーにかけて、
減速されてしまいます。ボールは、飛びません。

フォロースルーの形をチェックする方法としては、
通常のアドレスで構えますが、クラブを左手1本で持ちます。

hidarite

この状態から、フェイスをまっすぐ出していきます。
フェイスを膝より少し下の高さまで上げていきます。

この状態から右手を添えていきますが、右手を添えようとしても
左手の方が遠くにあるため、右手を添えることができません。

右手を添えるために、身体を捻転させて、
右手を添えていきます。左わきは若干離れていても大丈夫です。

wakisime

右手を添えたら、左わきを締めてみて下さい。
NGな動きは、右手が届かないからといって、
左ひじを曲げてしまうことです。注意して下さい。

こうすることによって、正しいフォローの形を
とることができます。

インパクト後の形を自分で確認することができます。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。