フックを修正して、フェードを打てるような練習方法

今回は、フックを修正して、フェードを打てるような練習方法を紹介したいと思います。

バックスイングで、クラブをインサイドから振りすぎてしまい、
インサイドアウトに打ち上げるような形にうってしまい、左に抜けてしまう方々のための
練習ドリルです。

insaidokara

バックスイングを上げたら、以前紹介したアウトサイドインを直す修正ドリルの逆バージョンになります。
バックスイングを上げてトップの位置で止めていただいて、ヘッドを回します。

mawasiteitadaki

ヘッドの回転と共にダウンスイングを開始します。回す方向としては、みなさんからみて
時計回りになります。このようにトップでヘッドを回してみて下さい。

3回転ほど回したら、このタイミングでダウンスイングを開始して下さい。
この練習によって、画像のようなダウンスイングが身につきます。

konoyounadaunsuingu

こうすることによって、アウトサイドインの軌道になり、フックが修正されます。
それでは一度打ってみたいと思います。

通常のスイングでバックスイングしたら、みなさんからみて時計回りに回します。
このタイミングで下していきます。

最初は難しいかもしれないので、バックスイングを小さめにしていただいても構いません。
小さめのトップで3回転していただいて、ダウンスイングを開始して下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

フック チーピンの典型的なスイングタイプとその改善方法

今回は、フック チーピンの典型的なスイングタイプとその改善方法
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

チーピンで悩んでいます。スイングに何かしら

問題があることは分かりますが、正確には

分かりません。

良い改善方法がありましたら、教えて下さい。

よろしくお願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

チーピンのように極端に引っかかったボールが
出てしまう方は、インパクトの所で、
右ひじが伸びてしまう、または右ひじが外を向いてしまう
傾向があります。

soto

nigihiji

チーピンが出てしまうスイング上の問題点は、たいていこの2つです。
このような形になってしまうと、フェイス面は、大きく左を
向いてしまうか下を向いてしまいます。

テンプラの原因にもなってきます。
ここで紹介したいドリルは、右わきにヘッドカバーをセットしていただきます。

kaba-

ヘッドカバーをセットしたら、インパクトの形でしっかりと、
脇を締めていただいて、ヘッドカバーが落ちないようにして下さい。

inpakuto

ヘッドカバーが落ちなければ、肘の位置は正しい動きをします。
バックスイングを大きく上げることはできませんので、
身体の回転を使った小さいスイングで大丈夫です。
インパクトの形をしっかり作って下さい。

ドライバーで100ヤード打つイメージで結構ですので、
試してみて下さい。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。