ボールを飛ばすダウンスイング

今回は、ボールを飛ばすダウンスイングについて紹介します。

誰でも、ドライバーを握ったからには、ボールを飛ばしたいと思います。
ボールを飛ばしたいと思うと、身体に力が入ってしまいます。

この力みが、ボールが遠くに飛ばず、曲がる最大の原因です。
トップからダウンスイングに切り替わる切り返しで力みが出ると、
ボールは飛びません。

ボールを飛ばす秘訣は、ダウンスイングにあります。
まずは、グリップです。

グリップは、全体的に軽く握ります。
ただし左手の小指は、しっかり握ります。

右手は、逆に軽く握ります。
右手を強く握ってしまうと、スイングの軌道がカット気味になってしまい、
スライスの原因になります。

次に、バックスイングでの左肩の位置です。
身体に力が入ると、バックスイングで左肩が下がってしまい、
ギッタンバッコンになってしまいます。

バックスイングでは、左肩が高い位置にあるように注意します。

次に、バックスイングでコックを使いすぎないことです。
ヘッドを大きく動かしていきます。

最後にインパクトを意識しないことです。
インパクトを意識してしまうと、一瞬力が入ってしまいます。

アドレス前に素振りをゆっくりして下さい。
そのイメージのまま、ボールを打ちましょう。

ドライバー・アイアンの飛距離が出ない人の共通点&修正するドリル

【お悩み】
===========================
「インパクトで、両肘が曲がってしまい、飛距離が出ません。
正しいインパクトの方法について、教えて下さい!
===========================

というご質問にお答えしたいと思います。

女性のゴルファーの方々の中には、
インパクトで肘が曲がってしまう方が多い傾向にあります。

飛距離が出ずに、テンプラやトップが出やすくなってしまいます。
このお悩みを解決する練習ドリルは、スプリットハンドがおススメです。

右手のグリップは下になり、左手のグリップは上になります。
両手の間隔は、15センチくらい空けます。

この状態から、通常通りのアドレスをとります。
アドレスした時に、右肩が下がる状態になりますが、
このことはあまり気にすることはありません。

左腕をきちんと伸ばして、アドレスをとって下さい。
ボールは、ティアップして下さい。

スイング幅は、ハーフスイングにして下さい。
ポイントは、インパクトの時に、グリップエンドをお腹に向けることです。

右手は、飛球線方向に伸ばしていきます。
インパクトからフォロースルーにかけて、両手が交差する感じで振り抜きます。
6

この動きをすることによって、フェイスローテーションが出来てきて、
ボールがつかまりやすくなります。

インパクトより手前で右腕を伸ばしてしまうと、ダフってしまうので、
インパクトの跡で、右腕を伸ばすようにして下さい。

動画レッスンをご覧ください

最後までご購読いただきありがとうございます。