アプローチで距離感を養う方法

今回は、アプローチで距離感を養う方法について、紹介したいと思います。

転がしていくアプローチは、打ち方としては難しくありませんが、
距離感を安定させることは、なかなか大変です。

距離感を安定させるために、右手で転がす練習が有効です。
肩をリラックスさせて、両足に均等に体重をかけて立ちます。

腕を動かしやすい体勢をとって下さい。
右手を後方に振りかぶったら、左足を前に出して、右手を振り下ろしてきます。

左足に一気に体重をかけて、ボールを放り投げます。
インパクトの時、手から離れた時のボールの高さが一定になるようにして下さい。

手の動きと身体の動きをうまく連動させてください。
ボールをコントロールしやすくなります。

ボールを投げる練習を何回かしていただいたら、実際にクラブを持って、
ボールを打ってみて下さい。

ふり幅は、バックスイングとフォロースルーのふり幅が、同じくらいになるようにして下さい。
バックスイングよりフォローするのふり幅を大きくしてしまうと、パンチショットになってしまうので、
注意して下さい。

ふり幅が左右で、同じくらいになれば、インパクトでのボールへの当たり具合が、
一定になってきて、距離感に安定感が出てきます。

アウトサイドインをアドレスによって修正する方法

今回は、アウトサイドインをアドレスによって修正する方法について、紹介したいと思います。

スライスの原因であるアウト軌道を修正するドリルです。
アドレスの時点で、工夫を加えます。

実際に構えている肩のラインをみて下さい。
多少右肩が下がっていると思います。

右肩が下がった

その状態でアドレスをしてみて下さい。
アウトサイドインのスイング軌道になっている方は、
肩のラインがまっすぐになっていることが多いです。

肩のラインがまっすぐ

肩のラインが地面と平行になってしまうと、アウトサイドインの軌道になってしまいます。
グリップした時、右手はグリップ一個分身体から離れて握っています。

肩も右肩は下がるのが、理想のアドレスになります。
ここで肩が地面と水平になってしまうと、肩がオープンになってしまって、

このような形になってきます。

そうなると、スイング軌道がアウトサイドインになってしまいます。
アドレスで肩のラインをしっかりとこぶし1個分下げて、構えて下さい。

それでもアウトサイドインが修正されない方は、もう少し右肩を下げてみて下さい。
このようにすることで、ダウンスイングで左の肩が残って、
インパクトからフォローにかけて大きく振り出すことができます。

左の肩が もう少し下げて下さい。

手軽にできるスライス修正法ですので、肩のラインに注意して実践してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

テークバックでの正しい体の回転と捻転

今回は、テークバックでの正しい体の回転と捻転について、紹介したいと思います。

最初にクラブを持たずに、アドレスしていただきます。
この状態からテイクバックを上げていく動きの時に、

クラブを持たずに、

飛球線と反対方向の位置にクラブがあるようなイメージで、
左手でクラブを取ってみて下さい。

左手で

これが正しいテイクバックの動きになります。
形を覚えるまで、何回も練習してみて下さい。

少し遠めにあるクラブをとるようなイメージで、
手だけで動かしてしまうと、届かない距離になってしまいます。

少し遠めに

肩をぐっと伸ばした状態で、クラブを触るようにして下さい。
動きを理解したら、クラブを実際に持ってテイクバックをしてみて下さい。

クラブを持ってテイクバック

しっかりと肩が入って、この時点で身体の捻転を作るようにして下さい。
逆バージョンの動きで、フォローの動きもチェックできます。

逆バージョン

右肩を入れて、クラブをつかむようにして下さい。
この練習によって、手打ちにならないようにして、
肩を入れたスイングになってきます。

身体全体を使った大きなテイクバックができるようになってきます。
向こうの方にあるクラブを取るようなイメージで、テイクバックを上げてみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼