スイング中のフェース面、スイングプレーンのチェックドリル

今回は、スイング中のフェース面、スイングプレーンのチェックドリルについて、紹介したいと思います。

このように極端にクラブを短く持って下さい。
シャフトのぎりぎりで結構です。

極端に

この状態でアドレスを構えていただきます。
グリップ側は、左サイドに出してください。

この状態でアドレスを

このような形で、まずスクエアにフェイス面を向けていきます。
ここからバックスイングしていきます。

スクエアに

この状態の時に、シャフト方向、フェイス面をチェックして下さい。
前傾角度から真正面を向くようにして下さい。

チェック

シャフトの向きは、スタンスの向きと平行になるようにして下さい。
シャフトをインサイドに引くと、画像のようになってしまいます。

インサイドに引くと

手だけで上げると、画像のようになってしまいます。
シャフトがまっすぐになるように身体全体でフォームを作っていきます。

手だけで上げると

バックスイングを上げていくと、画像のような形になります。
グリップエンドが地面を向いているかチェックして下さい。

toppu

トップでは、グリップエンドが真後ろに向くようにして下さい。
フェイス面は、ななめ45度に向くようにして下さい。
それが、正しいフェイス面です。

toppu1

続いてダウンスイングです。ここからは先ほどと同じです。
インパクトまで戻します、ここからフォロースルーです。

ダウンスイング

シャフトを右側に出していただきます。
時計の針で言うと11時あたりです。

ボールの前方にシャフトが来るようにして下さい。
フィニッシュでは、グリップエンドが目標方向に向くようにして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

スエー防止のための下半身安定ドリル

今回は、スエー防止のための下半身安定ドリルについて、紹介したいと思います。

今回の練習ドリルでは、つま先の向きを両方内側にして下さい。
内股に構えていただき、このままスイングして下さい。

内股

suinngu
ハーフスイングで結構です。内股にするだけで、膝の流れ、膝の割れを防ぐことができます。
安定したスイングが身につきます。

hiza

それでは実際に内股でスイングしてみたいと思いますので、ご覧下さい。
通常のフォームでアドレスしていただきます。唯一違う点は、
両足のつま先を内股にしていただく点です。

ふり幅は、ハーフスイングで結構です。膝の流れや割れを抑えることができます。

▼動画レッスンはこちら▼

クロスバンカーからフェアウェイウッドを成功させるポイント

今回は、 クロスバンカーからフェアウェイウッドを成功させるポイントについて、紹介したいと思います。

最初にバンカーの中で、構えていただきます。
練習場でもできるドリルになります。

バンカーの中で、

少し左のひざを曲げていきます。
こうすることによって、身体の軸が少し左側に傾いた状態になります。

少し左のひざを

身体の軸を傾けた状態で、バックスイングをしていきます。
そのままダウンに持っていきます。

バックスイングを

このようにすることで、クラブを上から入れることができます。
ボールは、少し右足寄りにセットします。

クラブをインサイドから振り下ろすイメージではなくて、
少し外から振り下ろすイメージでスイングして下さい。

そうすることによって、フェアウェイウッドのソール部分が、
砂にめり込まずに、滑った状態を作ることができます。

一番NGな動作は、右足に体重が残りインサイドから振り、
ボールの手前で、刃が砂にぶつかってしまい、ざっくりする動きです。

この逆の動きをするために、左のひざを少し曲げて構えて、
ここからバックスイングして、アウトサイドから振り下ろして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼