手打ちの直し方

今回は、手打ちの直し方について、

紹介したいと思います。

 

ミスショットには、いろいろな種類があります。

ダフリ、スライス、チーピン、トップなどです。

 

これらのミスの原因のほとんどは、

腕と身体が一体化せずに、腕だけで

打ちにいっていることがほとんどです。

 

手首が身体の正面から外れてしまい、

身体の回転が使えていないことが原因です。

 

腕だけでバックスイングしてしまうと、

クラブがスイングプレーンからずれてしまって、

スイング軌道が不安定になってしまいます。

 

腕とクラブを一体化させるには、グリップを

手で挟んでみて、スイングしてみて下さい。

 

クラブを握らないことによって、

腕の力を使うことができなくなってしまい、

身体の回転を使わないと、バックスイングできなくなってしまいます。

 

この練習によって、身体の捻転の感覚を

覚えることができます。

 

ボールを打つ時は、すべての指でグリップ

してしまうのは、NGです。

 

グリップする際は、右手の親指と人差し指は

グリップから離してみて下さい。

 

そうすると、腕に余計な力が入らずに、

腕の力を使うことができなくなります。

 

結果的に、身体の捻転を使うことができるようになります。

手打ちが出やすい方は、試してみて下さい。

飛距離を伸ばすための練習ドリル

今回は、飛距離を伸ばすための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

飛距離を出すための手首の使い方を覚えます。
グリップを左サイドの太ももまで下ろしてくる練習です。

飛距離とヘッドスピードは、密接な関係があります。
ヘッドスピードを上げるためのテクニックが、
インパクトからフォロースルーにかけての
手首の使い方です。

トップの位置からグリップエンドをボールにぶつける
感覚で、振り下ろしてきます。
太ももの位置まで来たら、グリップを止めて下さい。

この時、手首のコックをほどかずに、止めて下さい。
シャフトが地面と平行になるように止めて下さい。
これを何回か繰り返して下さい。

この状態を維持しながら、ボールを打ってみて下さい。
クラブが左サイドの太ももの位置までに来た時に、
手首が返ってくれて、ヘッドスピードが上がります。

アドレスの形も非常に重要になってきます。
背中が丸まって猫背になってしまうと、
アドレスの小さくなってしまい、
ミスショットの原因になってしまいます。

お尻を後ろに突き出すような姿勢をとってください。
ひざを軽く曲げていただき、背中を伸ばして下さい。

自分の身体を大きく見せるようにして下さい。
アドレスは、飛距離を伸ばすための基本になるので、
日頃からチェックして下さい。

微妙なライからセカンドショット

今回は、微妙なライからセカンドショットについて、紹介したいと思います。

セカンド地点での芝が、順目か逆目かは、
芝の色で判断することができます。

芝の色が、光って見えていれば、順目となります。
もし暗い色をしていれば、逆目になります。

芝の色だけでも、多くの情報を取り入れることができます。
芝目と同様にチェックが必要なのが、
ライの傾斜と硬さです。

傾斜と硬さを知るためには、足の裏に神経を
集中させる必要があります。

まずは歩いてみて下さい。歩きながら、
地面の硬さや傾きをチェックしていきます。

地面からの反発に乏しく、足が埋まる感じがあれば、
地面は柔らかめと判断できます。

地面からの反発が強いのであれば、
地面が硬いと判断できます。

どんな地面の硬さでも、スイングはだいたい同じです。
地面が柔らかい場合は、ダフリに注意して下さい。

アップライトにクラブが入ってしまうと、
すぐにダフってしまいます。
雨が降った翌日は、注意が必要です。

簡単にダフってしまうので、注意して下さい。
微妙な傾斜は、自覚しにくいので、注意が必要です。

微妙な傾斜がある場合は、両ひざの高さを揃えることです。
両ひざの高さを揃えながら打つことによって、
重心が安定してきて、微妙なライに対応できます。