ドライバーを安定させる方法

今回は、ドライバーを安定させる方法について、紹介したいと思います。

ドライバーでは、誰もが飛距離を求めると思います。
しかしいくら飛んでもラフに行ってしまっては、どうしようもありません。

ターゲットに対して正確に飛んでいってフェアウェイキープすることを重視して下さい。
正確性を高めるためには、身体の軸を1本にしていただいて、
軸を中心に回転していって、正確にボールを捉えていきます。

身体の軸を1本にすることの例えでは、首の付け根から地面に向かって、
シャフトが刺さっている感じをイメージしなさいと言われます。

しかしそれを強く思いすぎてしまうと、軸の誤差が少なくなってしまい、
頭の動きに余裕がなくなり、左肩が落ちてしまい、
スイングのバランスが悪くなってしまいます。

スイングのバランスが崩れてしまうと、リズムも悪くなってしまい、
正確にボールを捉えることができなくなってしまいます。

そこで身体の軸に少し余裕を持たせてあげます。
頭の一つ分の大きさの軸をイメージします。

軸を太目にしていただくことによって、スイングに余裕が出来てきます。
多少頭や身体が左右に移動することによって、腰を回転させやすくなります。

腰の回転は、水平にするようにします。
この動きによって、正確にボールを捉えらえる確率が増えます。

飛距離を伸ばすための練習ドリル

今回は、飛距離を伸ばすための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

飛距離を出すためには、身体の回転する力をインパクトでボールにぶつけることができるかと言う点です。
男子プロでも女子プロでも、この点に関しては、共通していると言えます。

飛距離を生み出す要因として挙げられるのが、インパクトでどのように力を入れるか、
身体をどのように捻転させるか、右足を強く蹴れるかです。

この要因をマスターできれば、飛距離を伸ばすことができます。
飛距離を出せる人は、合理的なスイングをしていると言えます。

飛距離を出すためには、ボールにヘッドが当たる瞬間に、身体の力をどれだけボールにぶつけることができるかです。
インパクトの前に、ヘッドスピードが落ちてしまったり、ヘッドスピードそのものが遅いと
ボールは飛びません。

インパクトを効率よく迎えるための、練習ドリルがインパクトストップドリルです。
文字通りインパクトで、クラブを止めます。

クラブを止める基準となる位置は、ヘッドがアドレスの足の内側に入った時です。
初めのうちは、ヘッドが動いてしまうかもしれませんが、身体の力をフル動員して、
ヘッドの動きをストップします。

このドリルによって、身体の力を使う感覚を養います。
練習していると、ゴルフに必要な力を養うことができます。

素振りが慣れてきたら、実際にボールをパンチショット感覚で、打ってみて下さい。
ボールはどこに行っても構わないので、パンチショット感覚で、練習してみて下さい。

飛距離を伸ばすための練習ドリル

今回は、飛距離を伸ばすための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

飛ばし屋のスイングで共通している部分は、スイングが縦振りであることです。
具体的には肩を縦方向に回転している点です。

バックスイングからトップにかけて、左肩が若干下がってきます。
ダウンスイングからインパクトにかけては、右肩が下がってきます。

地面と水平な横回転ではなく、縦方向に回転するので、ダウンスイングで上体が突っ込むのを防いで、頭を残しておくことができます。
ダウンスイングでは、右ひざを左ひざにぶつけるように移動していきます。

そうすると重心が落ちてきて、前傾角度が深めになってきます。
すると身体の右側に余裕ができるので、縦方向にダウンスイングができるようになります。

縦方向にスイングすることによって、身体の軸が安定して、頭も動かずに済みます。
バックスイングでは、上体を捻転させて、腕を一体化させて、上げていきます。
トップでは、手首を高めにセットします。インパクトからフォロースルーにかけては、腕を伸ばして、肘を身体から離していきます。

そうすることによって、スイング軌道が大きくなり、飛距離アップにつながります。
参考になるプロは、森田理香子プロです。