飛距離が出るスプーンのメリットデメリット

今回は、飛距離が出るスプーンのメリットデメリットについて、紹介したいと思います。

数あるゴルフクラブの中で、スプーンは、最も難易度が高いクラブです。
最近のボールの構造はスピンがかかりにくい構造になっているため、
ヘッドスピードがあまりない方が、スプーンでボールを上げるのは、かなり難しくなります。

基準となるヘッドスピードは秒速45mです。
飛距離が出るスプーンは、重心位置が低くセッティングされていて、
スピン量が上がらないようになっていて、低い弾道の球筋になるため、余計ボールを上げることが難しくなっています。

地面から直接打ってボールを上げることは、至難の技と言えます。そのような理由からジャストミートできれば、
すごい当たりが出ますが、ミスするととんでもないボールになってしまうことがあります。

しかしティアップすれば、難なく打つことができます。ティアップできなくても、
ラフにボールが浮いていたり、左足下がりの状況であれば、同じように打つことができます。

ドライバーがどうも苦手だという方が使うのも効果的です。
ドライバーよりもロフトの角度があって、シャフトが短めで、ヘッドの重みもあるので、
ドライバーよりも簡単に飛距離を出すことができます。

スイングを2つに分けてマスターする方法

今回は、スイングを2つに分けてマスターする方法について、紹介したいと思います。

ゴルフのスイングは、大きく2つに分けることができます。
腕のスイングと身体の捻転です。

ナイスショットをするためには、腕と身体を一体化させる必要があります。
しかし一体化させようとがんばろうとするほど、確認ポイントが増えてしまい、
スイングがぎこちなくなってしまいます。

バックスイングからダウンスイングにかけて、足首、ひざ、腰、腕、両肩は、
場所ごとの動きをしながらも、お互いに関係しあっています。

各ポジションが一体化してこないと、スイング軌道が安定してこないで、
ボールの飛距離や方向性がばらばらになってしまいます。

まずは下半身は、どっしりと構えることが重要です。
腰から上の部分は、捻転させていくことが重要です。

ゴルフのスイングにおいて、上半身には上半身、下半身には下半身の役目があるのです。
2つの一体化を目指すためには、一旦別々に考えていく方が、マスターしやすいです。

バックスイングに入ったら、上半身の動きが重要になってきます。
右肩が左腰を引っ張っていくイメージを持ってみて下さい。

この動きによって、下半身が肩の開きよりも後に開いていくようになります。
ダウンスイングでは、下半身の動きが重要になってきます。

左腰が右肩を引っ張っていくイメージです。それに伴って、
腕を下に下していく感じです。

このように、注意するポイントをしぼってスイングしてみて下さい。

飛距離を伸ばすためのミート法

今回は、飛距離を伸ばすためのミート法について、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々は、インパクトの瞬間にフェイス面がオープンに
なってしまうため、ボールがスライス回転になってしまい、
飛距離を落としてしまうことが多いようです。

ボールに力強さを与えるために、通常のアドレスをしていただいたら、
手首を右方向に回転させて、フェイス面をオープンにします。

余計スライスになりそうですが、最初からフェイス面をオープンにしている
自覚がある分、インパクトでフェイス面を閉じようとするので、
力強いボールが打てるようになります。

飛距離アップのためには、正しいスイング軌道が不可欠です。
スイング軌道が狂ってしまう原因として、ダウンスイングで腰が引けてしまい、
体重が左足のかかとにかかってしまうことが挙げられます。

つま先に体重を乗せていくために、左足の小指の下にシャフトを敷いて、
ダウンスイングでシャフトを踏み込んでいきます。
そうすると、体重がつま先にかかりやすくなり、腰を回転させることができます。

飛距離アップのためには、インパクトからフォローにかけて、
左の脇が開いたり、ひだりの肘が引けてしまうことはNGです。

クラブを逆さに持って、左手だけで持って、スイングしてみて下さい。
身体の回転や左腕主導のスイング感覚が分かります。