バンスを使うための打ち方

今回は、バンスを使うための打ち方について、

紹介したいと思います。

 

バンスを使うためには、いくつかのポイントが

あります。

 

バンスを滑らすためには、手首の解放を早めに

することがポイントになってきます。

 

バンスを滑らすためには、ボールの約2個分手前に

ヘッドを落としていきます。

 

ダフリを心配される方がいるかもしれませんが、

ダフリを恐れずに、スイングしていくことが重要です。

 

ポイントは、一般的なアイアンショットと同じではなく、

インパクトで手首をヘッドが追い越していくイメージで

打ってみて下さい。

 

ハンドファーストではなく、ハンドレイトがおススメです。

手首が右サイドの太ももの前くらいに来たら、

手首を開放していきます。

 

そうすると、ボールがヘッドのフェイス面の上を

下から転がり上っていく感じになります。

 

しかしアッパーブローですくい上げてはいけません。

リーディングエッジが、ボールの上方向に当たってしまい、

トップが起きてしまうので、注意して下さい。

 

バンスを滑らせるための練習方法を紹介します。

コックを小さくして、振り幅を小さくして下さい。

 

パッティングの要領で、芝の上を滑らせていきます。

インパクトで、ボールがフェイス面の上を転がるか

試してみて下さい。

30ヤード以内のアプローチ

今回は、30ヤード以内のアプローチについて、

紹介したいと思います。

 

ゴルファーのとっての憧れの壁ともいえる

70台の壁。

 

70台をマークするためには、アプローチで

どれだけ寄せることができるかがポイントです。

 

最低でもワンピン以内には寄せたいところです。

アプローチで寄せていくためには、

バンスをうまく使っていくことが重要です。

 

バンスと言う、地面を跳ね返ってしまうイメージが

強いようですが、そんなことはありません。

 

バンスがあるからこそ、地面を滑っていき、

ボールを捉えることができるのです。

 

上級者はうまくバンスを使っているのです。

バンスを上手に活用すると、リーディングエッジが

地面から離れます。

 

地面とバンスの設置面積が少なくなります。

一見トップが出そうなイメージがありますが、

バンスが滑っていくことによって、

リーディンエッジがボールの下の方に

入り込んでいきます。

 

そうすると、ダフリやトップがなくなります。

バンスが滑ることによって、ボールの手前に

クラブが入っても、バンスが滑ってくれるので、

安心です。

 

インパクトでボールを長く捉えてくれるので、

ボールを確実にヒットすることができて、

スピンを効かせることができます。

 

練習場のマットと同じイメージでスイングできるところが、

ポイントです。

パターで重要になってくる下半身の動き

今回は、パターで重要になってくる下半身の動きについて、

紹介したいと思います。

 

パターで、なかなかまっすぐに打ち出せない方には、

特徴があります。

 

パッティング中に、下半身が不安定になっている

可能性があります。

 

パターには、基本的に力はいりません。

力が要らない分、下半身を移動させることによる

体重移動が必要ないのです。

 

両肩の動きだけで、パターを動かす必要があります。

イメージ的には、振り子を思い出してください。

 

どんなにハンディが少ない方でも、他のショットの

混同してしまい、下半身を左右に動かしてしまうことがあります。

 

もしパターの方向性が微妙にずれている場合は、

足をしっかりと地面に押し付けて下さい。

 

磁石でくっついているイメージでも良いです。

このようなイメージを持つことによって、

特にロングパットが有効になってきます。

 

両足が少しでも動いてしまうと、フェイス面がインパクトで

ストレートに戻りにくくなり、ボールが左右にぶれるだけでなく、

距離感も狂ってしまいます。

 

下半身を安定させて、上半身だけで

ストロークしていきます。

 

下半身が動きにくい方は、

ひざを伸ばすと効果的です。

 

ひざを伸ばすことによって、ひざを使うことが

出来なくなるので、体重移動を防いでくれます。