理想的なトップの作り方

今回は、理想的なトップの作り方について、

紹介したいと思います。

 

トップの作り方一つで、ボールが飛びをすれば、

飛距離がガクンと落ちてしまうものです。

 

最初にひざの間に、ボールを挟んでみて下さい。

左ひざを少し内側に絞ってみて下さい。

 

その状態から、ボールを右サイドに

動かしてみて下さい。

 

上半身の背骨に対して、動きが垂直になるように、

腰の両肩を回転させていきます。

 

その状態に両腕をつけると、

きれいなトップの形になります。

 

ダウンスイングでは、今度は右ひざを

少し内側に絞り込んでいきます。

 

ボールを左サイドに動かしていきます。

上半身の背骨の角度を維持しながら、

垂直に腰と両肩を回転させていきます。

 

この時、注意する点があります。

左足を地面につけたままだと、

問題が出てきます。

 

多くの方々は、左足を地面につけたままだと、

捻転が大きくなって、下半身がどっしりと

してくると思っているようです。

 

両足による体重移動が止まってしまい、

手打ちのリスクが出てきてしまいます。

 

身体が柔らかい方なら、足をつけたままでも

構いませんが、身体が固い方にはおすすめできません。

 

バックスイングでは、左足のかかとを上げていく

必要があります。

かかとを上げるときは、若干内側に上げて下さい。

捻転が大きくなります。

ヘッドを走らすダウンスイング

今回は、ヘッドを走らすダウンスイングについて、

紹介したいと思います。

 

身体の捻転を意識しすぎると、

腕や身体に力が入りやすくなってしまいます。

 

フィギュアスケートを思い出してください。

腕を広げて回転しようとすると、速く回転はできません。

 

一方腕を身体に近づけて、回転しようとすると、

早く回転することができます。

 

ゴルフも同じ要領です。

腕や手を身体に引き付けて、回転したほうが、

早く回ることができます。

 

腕に身体を引き付けることによって、

手首の角度をぎりぎりまで維持することができて、

タメを作ることができます。

 

手首がほどけてしまうと、振り遅れてしまいます。

トップポイントで、しっかり身体を回していけば、

若干身体を左サイドに移動するだけで、

ヘッドスピードは、速くすることができます。

 

左サイドの方や腰やひざの範囲内で、

腕を引き付けていきます。

 

ダウンスイングで、身体を左サイドに移動したら、

ヘッドにスピードが乗ってきます。

 

あとは、身体をリラックスさせていくと、

シャフトのしなりを活用することができます。

 

シャフトのしなりを理解するためには、

ショートアイアンを使います。

 

7番か8番をつかって、手首のリリースをできるだけ、

我慢します。

 

シャフトがしなり始めたら、手首をリリースする

練習をして下さい。

リストターンとイメージ作り

今回は、リストターンとイメージ作りについて、

紹介したいと思います。

 

正確にリストターンができるようになると、

インパクトを強く捉えることができます。

ボールがフェイス面に乗っていく感じがあります。

ボールが確実に捕まるようになってきます。

 

 

クラブのシャフトを右手に持ってみて下さい。

左手にぶつけてみて下さい。

 

フェイス面がくるんと回ってくれます。

これがリストターンの原理です。

 

リストターンをマスターするためには、

20ヤードのアプローチから始めていきます。

 

フェイス面をターンしていくためには、

左手の中指、薬指、小指でしっかりと握るようにします。

 

フェイス面がくるりと返るようになってきます。

手首がヘッドより遅れてしまうと、フェイス面が閉じてしまい、

引っかけが起こってしまいます。

 

手首がヘッドよりも先に進むと、ハンドファーストの形は、

フェイス面をスクエアにしてくれます。

 

 

普通にアドレスしたら、ヘッドをひょいと持ち上げます。

腰を回していって、インパクトの形を作っていきます。

 

手首の角度を変えずに、スイングしていって下さい。

スイング中は、ヘッドの手首、肘、両肩を結んだ形は、

できるだけ崩れないようにして下さい。

 

バックスイングでは、フェイス面をオープンにしないで下さい。