リストターンのマスター方法

今回は、リストターンのマスター方法について、

紹介したいと思います。

 

リストターンを身につけるためには、

スタンスを狭くしていきます。

 

ボールは、両足の真ん中にセットします。

少しひざを曲げて下さい。

フォロースルーでは、左ひじが後ろ方向に

引けないようにして下さい。

 

フェイス面が返ることなく、

右方向にボールが出てしまいます。

 

フォロースルーでは、頭の左サイドで、

壁を意識します。左サイドに身体がスウェーしないように

注意します。

 

頭の位置をキープすることによって、

右腕が伸びていきます。

 

フォローの形をマスターすることができます。

 

下半身を使わずに、上半身だけで打つようにすると、

リストターンが勝手にできるようになってきます。

 

上半身だけで打ってみると、

引っかけボールがたくさん出てくると思います。

 

それで大丈夫です。上半身で引っかけることをマスターしたら、

下半身の動きをマスターしていきます。

 

この手順を踏むことによって、リストターンを

マスターすることができます。

 

スイングは、左右で動きが同じになるようにします。

右サイドに上半身を回したときは、左腕が伸びていきます。

 

左サイドに上半身を回したときは、右腕が伸びていきます。

最後にスタンスのだんだん広げていって、

徐々に身体の動きを覚えていきます。

リストターンの種類とマスター方法

今回は、リストターンの種類とマスター方法について、

紹介したいと思います。

 

リストターンに4種類あります。

1つ目は、手首の動きを極力抑えたパターンです。

 

身体の捻転を十分に行って、手首をソフトに

回転させていきます。

ゴルファー本人からは、手首を回転させているようには、

見えません。

 

外側から見ると、手首を回転させていることが

分かります。

 

2つ目は、右手の手首を回転させるパターンです。

肘から手首のかけての前腕部分を強く回転させていきます。

 

遠心力を利用していくので、ボールは飛びやすくなります。

フェイス面がスクエアの時にボールを捉える必要があります。

しかし方向性が狂いやすく、紙一重のリストターンです。

 

3つ目は、腕全体で手首を回転させていくパターンです。

手をこねる動きで、ボールを捕まえていく必要があります。

 

手首を大きく返していくパターンです。

ヘッドスピードは大きく仮想していきます。

しかしタイミングが微妙にずれていくと、

ボールが曲がる可能性が高くなります。

 

4つ目は、左手を甲側に折っていくパターンです。

手首は回転させていきません。

 

グリップがフックタイプの方におススメです。

回転させないので、方向性は確保できますが、

飛距離が出ない危険性があります。

がに股アドレス

今回は、がに股アドレスについて、

紹介したいと思います。

 

アドレスした時のひざの位置ですが、

ひざの位置関係については、

どのような認識を持っていますか。

 

多くの方は、太ももの内側に力を入れて、

内また気味にしているようです。

 

多くのレッスン書にも、太ももの内側に

力を入れるようにと書いてあります。

 

しかし内またにしたアドレスが、

アドレスでの下半身を不安定にしていると言えます。

 

そこで、がに股アドレスをおススメします。

スタンスの幅は、今までと一緒です。

 

スタンスの幅をキープしたまま、

両ひざをひろげてみて下さい。

 

両ひざを開いたがに股にすることによって、

スイング中の左右のずれがなくなることが分かります。

 

ひざを外側に開くことによって、

右サイドの股関節が、ぐっと

入っていく感覚が分かります。

 

内またのアドレスだと、バックスイングで、

右ひざが伸びやすくなってしまいます。

ひざが伸びると、腰が回りすぎてしまい、

捻転の力を作れなくなってしまいます。

 

ダウンスイングでは、左ひざがスウェーしてしまい、

軸を保つことが難しくなってきます。

 

一方、がに股スイングにすることによって、

下半身がどっしりしてきて、ひざが伸びたり、

流れることがなくなってきます。