ショートしないパターの打ち方

今回は、ショートしないパターの打ち方について、

紹介したいと思います。

 

パターを入れてくる選手と特徴としては、

必ずカップをオーバーしてくることです。

 

ショートしているうちは、カップインすることはありません。

ショートしてしまう原因として多いのが、

インパクトで、グリップが緩んでしまうことです。

 

インパクトで緩んでしまうと、

ヘッドが遅れてきてしまって、

フェイス面がオープンになってしまったり、

引っかけの原因になってしまいます。

 

極端な言い方をすれば、

パンチショットに近いイメージで

インパクトを迎えます。

 

インパクトまでは、緩みに気をつけていきます。

インパクトでは、ボールを打ち抜いていくイメージです。

 

金槌で釘を打つ感じです。

バックスイングは大きめにとっていただいて、

フォロースルーを小さめにします。

 

インパクトに全神経を集中させることができるので、

ボールの転がりが良くなってきます。

グリップの力加減ですが、

同じくらいに握ってください。

 

ボールの両端にティを1本づつ挟んで下さい。

ボールをヒットした時に、フェイス面が2本のティに

同時に当たるようにして下さい。

 

そうすると、フェイス面がスクエアになっている

証拠になります。

 

パターでのラインの読み方

今回は、パターでのラインの読み方について、

紹介したいと思います。

 

入るか入らないかと微妙なパットを、

惜しくも外してしまい、ラインの読み間違いが

原因として、考えられます。

 

長くて複雑なラインを読むことが誰でも難しいものです。

そのような場合は、2メートルくらいのラインを読む

練習から始めたいと思います。

 

最初にカップを時計に見立てます。

若干のフックラインなら、時計の四時半くらいの

ポイントをボールの入り口と考えると、

どのくらいのラインが必要になってくるかが

分かります。

 

大きく曲がるフックラインであるならば、

時計の三時くらいが、ボールの入り口になるはずです。

 

逆に大きく曲がるスライスランであるならば、

時計の九時くらいが、ボールの入り口になるはずです。

 

カップの入り口が分かったら、

タッチの計算がしやすくなってきます。

 

次の曲がり幅の頂点を決めていきます。

カップの入り口から逆にラインを見ていって、

曲がり幅の頂点を見つけていきます。

 

ラインは一方向からではなく、

必ず全方向から見ます。

 

最低4方向からは、ラインを見て下さい。

ラインを正確に読んでも、正しくボールを

打ち出すことが出来なければ、意味がありません。

 

まっすぐ引いて、まっすぐ押し出す練習をして下さい。

バンカーショットでの距離の打ち分け方

今回は、バンカーショットでの距離の打ち分け方について、

紹介したいと思います。

 

バンカーから距離を打ち分けることは、多くの方々が

難しいと思っているようです。

 

しかし決してそのようなことはありません。

ポイントは、ボールを下から投げることです。

 

ボールを高く上げて、距離を抑えたいときは、

手首をスローテンポで大きくスイングしていきます。

 

逆にボールを低く出して、距離を稼ぎたいときは、

手首を使って、スイングしていくはずです。

 

ボールをセットする位置もスタンスも同じで構いません。

フェイス面をオープンにしていくことです。

 

高いボールを打ちたいときは、フェイス面を45度まで

上げていく必要があります。

 

ボールを高く上げるためには、腕の振り幅を

大きくしていきます。スイングスピードは、

ゆっくりしていきます。

 

距離を抑えることができます。

フォロースルーを大きくとることで、

砂を多く飛ばすことができて、

高いボールを打つことができます。

 

逆に低いボールを打ちたいときは、

手首を積極的に使っていき、

フォロースルーを小さくとることが重要です。

 

身体の動きを止めていただいて、

手首の動きを優先してスイングする感じです。

 

低いボールで地面に落ちてから、ランを稼ぐことができます。