アウトサイドインをアドレスによって修正する方法

今回は、アウトサイドインをアドレスによって修正する方法について、紹介したいと思います。

スライスの原因であるアウト軌道を修正するドリルです。
アドレスの時点で、工夫を加えます。

実際に構えている肩のラインをみて下さい。
多少右肩が下がっていると思います。

右肩が下がった

その状態でアドレスをしてみて下さい。
アウトサイドインのスイング軌道になっている方は、
肩のラインがまっすぐになっていることが多いです。

肩のラインがまっすぐ

肩のラインが地面と平行になってしまうと、アウトサイドインの軌道になってしまいます。
グリップした時、右手はグリップ一個分身体から離れて握っています。

肩も右肩は下がるのが、理想のアドレスになります。
ここで肩が地面と水平になってしまうと、肩がオープンになってしまって、

このような形になってきます。

そうなると、スイング軌道がアウトサイドインになってしまいます。
アドレスで肩のラインをしっかりとこぶし1個分下げて、構えて下さい。

それでもアウトサイドインが修正されない方は、もう少し右肩を下げてみて下さい。
このようにすることで、ダウンスイングで左の肩が残って、
インパクトからフォローにかけて大きく振り出すことができます。

左の肩が もう少し下げて下さい。

手軽にできるスライス修正法ですので、肩のラインに注意して実践してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

スライスの原因であるアウトサイドインのスイング軌道を修正するドリル

今回は、スライスの原因であるアウトサイドインのスイング軌道を修正するドリルについて、紹介したいと思います。

バックスイングを上げて、バックスイングの軌道に対して、外からヘッドを下していしまう、
スライスの原因であるアウトサイドインですが、これを修正するドリルを紹介します。

autosaidoinn

バックスイングしていただき、トップで少し止めていただきます。
トップで止めていただきたら、このように、3回ほどヘッドを回していただきます。

heddowomawasu[

回していただいて、後ろに来たタイミングで、ダウンスイングをしていただきます。
実際にボールを打ってみて下さい。

daunsuingu

アウトサイドインの場合は、みなさんからみて時計と反対回りに回してください。
それでは実際にボールを打ってみたいと思います。

通常のアドレスをとったら、バックスイングをしていただきます。
トップでヘッドを3回ほど回します。

自分のタイミングでダウンスイングを開始して、ボールを打ってみて下さい。
この練習ドリルによって、アウトサイドインの軌道ではなく、
回しながらダウンスイングをすることによって、ループを描いた状態で、
インサイドからクラブを下すことができるようになります。

クラブを回す以外は、いつもと同じ動きで大丈夫です。

▼動画レッスンはこちら▼

スライスの原因であるアウトサイドインをボールを打ちながら修正する練習方法

今回は、スライスの原因であるアウトサイドインをボールを打ちながら修正する練習方法
について、紹介したいと思います。

今回の練習ドリルでは、斜めにボールをセットしていきます。
一番左サイドのボールが遠くなり、右サイドのボールが自分に近くなるように
セットしてみて下さい。

ななめに

斜めにセットしたボールの真ん中を打っていきます。
アウトサイドインに振ってしまうと、両サイドのボールが気になってしまいます。

ななめにセットしたボールの真ん中を

両サイドのボールに当たらないようなインサイドから下してきて、
アウトサイドに振り抜いていきイメージでスイングしてみて下さい。

では真ん中のボールを実際に打っていきたいと思います。
通常通りにアドレスをとって下さい。

真ん中のボールが身体のセンターにくるように、3個のボールをセットして下さい。
手首はハンドファーストに構えて下さい。

上体の捻転を十分に使って、バックスイングをしていただき、
体重移動を使って、ダウンスイングして下さい。

そうすると、クラブはインサイドに降りてきて、
若干アウトサイド気味にフォロースルーしていきます。
両サイドのボールに当たることなく振り抜くことができれば、
若干ドローボールになっていきます。

▼動画レッスンはこちら▼