タテ回転で寄るアプローチ

今回は、タテ回転で寄るアプローチについて、

紹介したいと思います。

 

ボールに回転がタテ。

これが、安定したスピン量になって、

キャリーとランが一定になるアプローチです。

 

キャリーとランが一定になると、

距離感が安定してきます。

 

回転に横がないので、

ピンまでの距離感が安定してきます。

 

きれいなタテ回転をかけるには、

フェイス面にボールが乗っている時間が

長くなることです。

 

ボールが溝をきれいに昇っていくことによって、

スピンがかかりやすくなります。

 

タテ回転のスピンになるためには、

フェイス面をオープンにする必要があります。

 

スイング軌道をインサイドインにしていきます。

スイング軌道がアウトサイドインになってしまうと、

ボールにヨコ回転がかかってしまいます。

 

体に右ひじをつけていれば、

アウトサイドインの軌道を防ぐことができます。

インサイドインで、フェイス面をオープンにすると、

溝を斜めに使うことができます。

 

そうすると、長く溝でボールをこすることができます。

 

タテ回転には、下半身の使い方も重要です。

スイング幅が小さいとしても、

手打ちになることがなく、

膝を飛球線方向に送ることによって、

下半身を使うことができます。

 

バックスイングでは、左ひざを少し曲げます。

ダウンスイングでは、右ひざを少し曲げます。

 

スイングの始動を下半身で作ることによって、

手打ちを防ぎます。

ライとアプローチのマネジメント

今回は、ライとアプローチのマネジメントについて、

紹介したいと思います。

 

バンスを滑らせるスイングをマスターしたら、

マネジメントをマスターする必要があります。

 

スイングが良いのに、ボールが寄らないとしたら、

上げる、下げるのマネジメントに問題があるかもしれません。

 

エッジからピンまでの距離が近い場合は、

高いボールで打つことがポイントです。

 

ピンまでできるだけボールを飛ばして上げることです。

そうすると、距離感が合いやすくなります。

 

エッジからピンまでの距離が遠い場合は、

低いボールで打っていきます。

 

キャリーは極力少なくして、

ボールを転がした方が、間違いが少ないです。

 

左足下がりのライでは、高いボールを打ちにくいです。

上がりにくいのに、無理にボールを上げようとしてしまうと、

ミスショットになりにくいです。

 

バンスを傾斜に沿って、走らせて、

芝を刈り取るようにしていきます。

 

ラフにボールが沈んでいるときは、

ボールを上げることが難しいので、

転がし中心に打っていきます。

 

たとえラフでも、ボールが浮いているときは、

ボールを高く上げていきます。

 

左足上がりのライでは、ボールを上げやすいですが、

距離が出にくくなります。

 

しっかりスイングして、距離を出していきます。

 

30ヤード以内のアプローチ

今回は、30ヤード以内のアプローチについて、

紹介したいと思います。

 

ゴルファーのとっての憧れの壁ともいえる

70台の壁。

 

70台をマークするためには、アプローチで

どれだけ寄せることができるかがポイントです。

 

最低でもワンピン以内には寄せたいところです。

アプローチで寄せていくためには、

バンスをうまく使っていくことが重要です。

 

バンスと言う、地面を跳ね返ってしまうイメージが

強いようですが、そんなことはありません。

 

バンスがあるからこそ、地面を滑っていき、

ボールを捉えることができるのです。

 

上級者はうまくバンスを使っているのです。

バンスを上手に活用すると、リーディングエッジが

地面から離れます。

 

地面とバンスの設置面積が少なくなります。

一見トップが出そうなイメージがありますが、

バンスが滑っていくことによって、

リーディンエッジがボールの下の方に

入り込んでいきます。

 

そうすると、ダフリやトップがなくなります。

バンスが滑ることによって、ボールの手前に

クラブが入っても、バンスが滑ってくれるので、

安心です。

 

インパクトでボールを長く捉えてくれるので、

ボールを確実にヒットすることができて、

スピンを効かせることができます。

 

練習場のマットと同じイメージでスイングできるところが、

ポイントです。