シングルさんの上達の秘訣

前回はみなさんに実施したアンケートの結果を発表しました。

テーマは練習についてです。======

1 ハンディキャップはいくつですか?

2 練習場へはどれくらいいきますか?

3 自宅での練習はしますか?

====================

1,000名の方が答えてくれました。
これと同じアンケートをシングルさんのみを対象に
再び、アンケートしました。

アンケートの結果をまだ見ていない方はこちら

アンケート結果は、大きな違いが1つありました。
分かりましたか!?

そうです!!

自宅での練習です。
~~~~~~~~

シングルさんもそれ以外の方も、
平均すると週一くらいの練習が一番多いです。

しかし、

全体の結果では、
残念ながら半数以上の方は、まったく自宅で練習をしていません。

一方シングルさんはどうでしょうか?
シングルプレーヤーの85%以上の方は自宅で練習を行っています。

しかも、週3回以上練習する割合は、約65%、毎日練習している方は約40%もいます。

この様に、シングルプレーヤーは、練習場の回数は、
一般ゴルファーとほとんどかわりはありませんが、
自宅での練習は、圧倒的な違いがあります。

私自身、ゴルフをはじめて、
2年でシングル、5年でクラブチャンピオンになることができました。

今、振り返ると、やはり毎日自宅で練習をしていました。
パター練習、アプローチ練習、スイングチェックなど、様々な練習が自宅でできます。

忙しい社会人にとって、
毎日、毎日練習場に通うのは、正直至難の技でしょう。

がんばって、週1、2回くらいが現実的でしょう。
しかし、やはりゴルフは練習しないと上達できません。

時間は多くなくてもいいので、毎日継続して、クラブにふれることが大切です。
そのためにも、自宅でしっかり練習を積んでください。

「自宅で練習しない限り、ゴルフ上達の道はない。」

この名言はまさにだと思います!!!

さて、自宅で練習する重要性はわかったところで、
何をどのように練習していいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

パターの練習をパターマットで練習するだけでいいのでしょうか!?

やみ雲な練習は、下手になる一方だったり、時間の無駄です。
正しい方法で正しく練習をする必要があります。

今回、youtubeの動画レッスンでおなじみの竹内雄一郎プロが、
自宅で上達をテーマに、自宅練習プログラムを作成しました。

こちらが予告動画になります。

こちらのDVDですが、
先着100名様で、期間限定の特別価格で提供させていただきます。

ゴルフ上達をめざすあなた!自宅で正しく練習してください。
ぜひ、この自宅練習プログラムがあなたの上達のお手伝いができれば幸いです。

自宅練習プログラム詳細はこちら

シングルプレーヤーの練習の状況

さて、先日は以前、行いましたアンケートの集計の発表をさせていただきました。
1,000名の方がアンケートに答えてくれました。

テーマは練習についてです。

1 ハンディキャップはいくつですか?

2 練習場へはどれくらいいきますか?

3 自宅での練習はしますか?

というアンケートでした。

結果はこんな感じになりました。

rensyu

この結果から分かったこと。

・1,000人中、85%が90以上のスコア

・80%以上の方が週一以上は練習している

・半数の方は、家では全く練習していない

さて、実は同じ質問をシングルプレーヤーにも回答をいただきました。
現時点で、計146名に回答をいただきました。

結果はこんな感じになりました。

rensyu2

結果から分かったこと。

シングルプレーヤーも週一、週二の練習の割合が多かったです。
80%以上の方が週一以上は練習しているという部分もほとんど変わっておりません。

しかし、全体アンケートと大きく結果が異なった点があります。

それは、なんだかわかりますか???
分かった方は、ぜひ、↓↓↓こちらから↓↓↓ 回答や感想などをコメントください。

シングルと100・90・80台の違い

シングルプレーヤーと100・90・80台のプレーヤーの違いについてお話したいと思います。

まず初めに、、、

あの帝王ジャック・ニクラウスが
こんな発言をしています!

Jack-Nicklaus-Winning-Wallpaper

「スコアの70%はピンから120y以内で打たれる。
だから、アプローチを重点的に練習すべきだ」

あなたもご存じだと思います。結局、ショットが悪くても、
アプローチとパターさえよければスコアはまとまるということを。

特に、寒い季節では、
夏とは違いたくさんのゴルフウエアを着こみ、

体も思うように動かない、、、

そんな中、自分の思い通りのショットをするのはほぼ不可能です。

では、どうしたらいいのでしょうか?

それは、アプローチとパターでカバーをするしかありません。

夏・秋のゴルフシーズンでは、
そこそこ調子がよかったのに最近スコアが悪い、、、

このような悩みがある人は、間違いなく
アプローチの技術がないからです。

シングルや上級者が、雨や強風、
ショットの調子が悪そうでもスコアをまとめてくるのは、

アプローチとパターが上手いからです。

本当にこれだけの違いです。

特に、アプローチをいかに1パット圏内の
1~3mくらいに寄せられるかが重要です。

その技術があれば、あとはパターを磨くだけです。

こんなデーターがあります。

アマチュアのハンディキャップと
リカバリー率(寄せワン率)のグラフです。

HCP リカバリー率

36     5%

18    14%

9     47%

5     55%

0     61%

注目してください。
シングルプレーヤーと80台~100以上の方では
リカバリー率(寄せワン率)に圧倒的な違いがあります。

ということは、
いいスコアを出すためには、アプローチが必要不可欠です。

アプローチさえ、上達してしまえば、
あなたは最短でスコアアップをすることも可能ですし、

調子が悪くても、雨でも、強風でも

満足の行くスコアをたたき出すことができるでしょう!!

一方、アプローチが下手のままでは、
ショットでせっかくグリーン近くにいっても
そこからダボ、トリとスコアを大きく崩すという恐怖心から
いつまでたっても抜けることはできません!!

たいてい、そういう次のホールのティーショットは
うまくはいかないでしょう!!

もし、あなたがゴルフでいいスコアを出したい!
ゴルフはスコアもこだわりたい!!

そう思っている向上心の溢れるゴルファーなら
ぜひ、アプローチを極めてください!!

必ず、あなたのスコアは飛躍的によくなります。

このことは、飛ばし屋でない藤田寛之プロの強さの秘密にもつながってきます。
540388_228074623961194_1522344560_n

なぜ、藤田寛之プロは中堅にも関わらず、若手に負けず、圧倒的な実力があるのでしょうか。

飛ばし屋でない藤田寛之プロの強さの秘密はこちら