バンスを使うための打ち方

今回は、バンスを使うための打ち方について、

紹介したいと思います。

 

バンスを使うためには、いくつかのポイントが

あります。

 

バンスを滑らすためには、手首の解放を早めに

することがポイントになってきます。

 

バンスを滑らすためには、ボールの約2個分手前に

ヘッドを落としていきます。

 

ダフリを心配される方がいるかもしれませんが、

ダフリを恐れずに、スイングしていくことが重要です。

 

ポイントは、一般的なアイアンショットと同じではなく、

インパクトで手首をヘッドが追い越していくイメージで

打ってみて下さい。

 

ハンドファーストではなく、ハンドレイトがおススメです。

手首が右サイドの太ももの前くらいに来たら、

手首を開放していきます。

 

そうすると、ボールがヘッドのフェイス面の上を

下から転がり上っていく感じになります。

 

しかしアッパーブローですくい上げてはいけません。

リーディングエッジが、ボールの上方向に当たってしまい、

トップが起きてしまうので、注意して下さい。

 

バンスを滑らせるための練習方法を紹介します。

コックを小さくして、振り幅を小さくして下さい。

 

パッティングの要領で、芝の上を滑らせていきます。

インパクトで、ボールがフェイス面の上を転がるか

試してみて下さい。

理想的なトップの作り方

今回は、理想的なトップの作り方について、

紹介したいと思います。

 

トップの作り方一つで、ボールが飛びをすれば、

飛距離がガクンと落ちてしまうものです。

 

最初にひざの間に、ボールを挟んでみて下さい。

左ひざを少し内側に絞ってみて下さい。

 

その状態から、ボールを右サイドに

動かしてみて下さい。

 

上半身の背骨に対して、動きが垂直になるように、

腰の両肩を回転させていきます。

 

その状態に両腕をつけると、

きれいなトップの形になります。

 

ダウンスイングでは、今度は右ひざを

少し内側に絞り込んでいきます。

 

ボールを左サイドに動かしていきます。

上半身の背骨の角度を維持しながら、

垂直に腰と両肩を回転させていきます。

 

この時、注意する点があります。

左足を地面につけたままだと、

問題が出てきます。

 

多くの方々は、左足を地面につけたままだと、

捻転が大きくなって、下半身がどっしりと

してくると思っているようです。

 

両足による体重移動が止まってしまい、

手打ちのリスクが出てきてしまいます。

 

身体が柔らかい方なら、足をつけたままでも

構いませんが、身体が固い方にはおすすめできません。

 

バックスイングでは、左足のかかとを上げていく

必要があります。

かかとを上げるときは、若干内側に上げて下さい。

捻転が大きくなります。

簡単なバンカーショットの打ち方

今回は、簡単なバンカーショットの打ち方について、

紹介したいと思います。

 

サードショットで重要になってくるのが、

バンカーショットです。

 

バンカーショットをマスターできれば、

パーセーブの確率がグーンと上がります。

 

スタンスですが、通常のショットの同じである

ストレートスタンスで大丈夫です。

 

手首は、左足の太ももの内側にセットします。

クラブヘッドは、スタンスのセンターにセットします。

 

ボールは、そのすぐ左にセットします。

リーディングエッジとシャフトは、まっすぐにセットします。

 

バンカーショットのアドレスと言えば、

オープンスタンスですが、実はオープンスタンスが

曲者なのです。

 

オープンスタンスだと、オープンの角度を一定にすることが

難しく、安定したスイング軌道を再現することが難しくなってしまいます。

 

スイング方法は、通常のショットと同じにしていきます。

ダウンスイングでは、上から打ち下ろす必要はありません。

 

フォロースルーは、ターゲット方向に向かって、

スイングしていって下さい。

 

アドレスの向きとスイングの方向が一致すると、

ヘッドもナチュラルに抜けていきます。

 

適度に砂が爆発して、距離も高さも簡単に

出るようになってきます。

 

チップインも十分に狙うことができます。