フォロースルーでは景色が斜めに見える

今回は、フォロースルーでは景色が斜めに見えるというテーマについて、紹介したいと思います。

前傾角度が最後までキープできてくると、景色が違って見えてきます。
アドレスしているときは、ボールが視界のセンターに見えていると思います。

バックスイングからトップにかけては、顔の向きが若干右サイドに移るので、
ボールも身体のセンターから外れます。

ダウンスイングでは、視界のセンター付近にボールが見えてくるようになってきます。
ボールを打った直後は、視界からボールが消えていきます。

身体の前傾角度はキープされたままなので、景色が斜めに見えてきます。
フォロースルーの時は、視界は斜めになったままです。
フィニッシュで、やっと視界は元の状態に戻ってきます。

前傾角度をキープするためには、前傾角度を意識する必要はありません。
股関節を前に折るイメージを持つと良いです。

股関節を前に折ることによって、身体が起きてしまうことはありません。
股関節を前に折るためには、股関節にシャフトを押し付けて、
その反動を利用して、前傾角度を作ってください。

体重はつま先にかけるようにして下さい。ひざの角度を適度に曲げて、
横から見たときに、ひざと股関節が曲がっていることが重要です。

フォロースルーのフェース向きと振りぬきポジション

今回は、フォロースルーのフェース向きと振りぬきポジションについて、紹介したいと思います。

フォローでよく見られるNG動作は、ボールを上げようとするような動作をしてしまい、
フェイス面が上を向いたような形になってしまうことです。
これは、スライスの原因にもなってしまう動作です。

ボールを上げようとするような

これを修正するドリルですが、左手は通常のグリップをしていただきます。
右手は、手の平を開いた状態で横からあてがいます。

右手は 左手は通常のグリップ

この状態でアドレスをとっていきます。
フェイス面の向きは、右手の平の向きと思ってください。

アドレス

この状態からバックスイングして、ダウンスイング、フォロスルーをとって下さい。
右手の平を斜め下に動かすようにしてみて下さい。

斜め下

実際に右手を開いた状態でスイングをします。
実際に打ってみたいと思います。

▼動画レッスンはこちら▼

左に振り抜くことのメリット

今回は、左に振り抜くことのメリットについて、紹介したいと思います。

ゴルファーの中には、飛距離が出なくて困っている方が多いと思います。
しかし以前と比べれば、クラブやボールが進化して、飛距離は出やすくなっています。

ここに落とし穴があります。飛距離が出るようになると、もっと飛ばしたいと思ってしまい、
スイングを崩してしまうことがあります。飛距離を出すためには、ヘッドスピードを上げたいと思ってしまい、
手首をこねてしまいます。

手首を使い始めてしまうと、手と身体の動きに一体感がなくなってしまい、かえって飛距離が落ちてしまいます。
手と身体を一体化させて打つには、胸をターゲット方向に向けていただき、身体を回転させることに注意していきます。

一体化させるためには、左わきを締めていただき、フォロースルーでは左側に引っ張っていくことです。
そうすると、ボールをしっかりと捉えることができます。ボールをしっかりと捉えるためには、
フェードボールを打つ時でも、フェイス面がオープンになってはいけません。

フェードボールを打つ場合、フェイス面がストレートになることはあっても、オープンにしてはいけません。
バックスイングでもフェイス面をオープンにしてはいけません。