ライとアプローチのマネジメント

今回は、ライとアプローチのマネジメントについて、

紹介したいと思います。

 

バンスを滑らせるスイングをマスターしたら、

マネジメントをマスターする必要があります。

 

スイングが良いのに、ボールが寄らないとしたら、

上げる、下げるのマネジメントに問題があるかもしれません。

 

エッジからピンまでの距離が近い場合は、

高いボールで打つことがポイントです。

 

ピンまでできるだけボールを飛ばして上げることです。

そうすると、距離感が合いやすくなります。

 

エッジからピンまでの距離が遠い場合は、

低いボールで打っていきます。

 

キャリーは極力少なくして、

ボールを転がした方が、間違いが少ないです。

 

左足下がりのライでは、高いボールを打ちにくいです。

上がりにくいのに、無理にボールを上げようとしてしまうと、

ミスショットになりにくいです。

 

バンスを傾斜に沿って、走らせて、

芝を刈り取るようにしていきます。

 

ラフにボールが沈んでいるときは、

ボールを上げることが難しいので、

転がし中心に打っていきます。

 

たとえラフでも、ボールが浮いているときは、

ボールを高く上げていきます。

 

左足上がりのライでは、ボールを上げやすいですが、

距離が出にくくなります。

 

しっかりスイングして、距離を出していきます。

 

微妙なライからセカンドショット

今回は、微妙なライからセカンドショットについて、紹介したいと思います。

セカンド地点での芝が、順目か逆目かは、
芝の色で判断することができます。

芝の色が、光って見えていれば、順目となります。
もし暗い色をしていれば、逆目になります。

芝の色だけでも、多くの情報を取り入れることができます。
芝目と同様にチェックが必要なのが、
ライの傾斜と硬さです。

傾斜と硬さを知るためには、足の裏に神経を
集中させる必要があります。

まずは歩いてみて下さい。歩きながら、
地面の硬さや傾きをチェックしていきます。

地面からの反発に乏しく、足が埋まる感じがあれば、
地面は柔らかめと判断できます。

地面からの反発が強いのであれば、
地面が硬いと判断できます。

どんな地面の硬さでも、スイングはだいたい同じです。
地面が柔らかい場合は、ダフリに注意して下さい。

アップライトにクラブが入ってしまうと、
すぐにダフってしまいます。
雨が降った翌日は、注意が必要です。

簡単にダフってしまうので、注意して下さい。
微妙な傾斜は、自覚しにくいので、注意が必要です。

微妙な傾斜がある場合は、両ひざの高さを揃えることです。
両ひざの高さを揃えながら打つことによって、
重心が安定してきて、微妙なライに対応できます。

つま先上がりからのショット

今回は、つま先上がりからのショットについて、紹介したいと思います。

練習場の地面は、基本的に平らにできています。
しかしゴルフコースで、平らなライというのは、
まずありません。

平らにように見えても、実際は微妙な傾斜が
あります。傾斜には、いくつかの種類があります。

ティショットが右にいってしまい、
右サイドの斜面に乗ってしまった場合、
足よりもボールが高い位置にくることがあります。

これをつま先上がりと言います。
つま先上がりの斜面では、フェイス面が左サイドに
返りやすいために、ボールが左に行きやすくなります。

ターゲットにボールを打っていくためには、
ターゲットよりも若干右サイドにアドレスします。

足だけでなく、身体も右サイドに向けていきます。
斜面からのショットで絶対に守るべきルールは、
スイングしても、身体が不安定にならないことです。

重心を落として、安定した構えを取ることが大切です。
つま先上がりのライは、普通に立ってしまうと、
体重がかかとよりにかかりやすくなります。

バランスを保つために、体重をつま先よりにかけておきます。
クラブは短めに持ちます。

クラブを、短めに持った分、飛距離は落ちるので、
クラブは1,2番手長めのクラブを持つことをおススメします。