リストターンとイメージ作り

今回は、リストターンとイメージ作りについて、

紹介したいと思います。

 

正確にリストターンができるようになると、

インパクトを強く捉えることができます。

ボールがフェイス面に乗っていく感じがあります。

ボールが確実に捕まるようになってきます。

 

 

クラブのシャフトを右手に持ってみて下さい。

左手にぶつけてみて下さい。

 

フェイス面がくるんと回ってくれます。

これがリストターンの原理です。

 

リストターンをマスターするためには、

20ヤードのアプローチから始めていきます。

 

フェイス面をターンしていくためには、

左手の中指、薬指、小指でしっかりと握るようにします。

 

フェイス面がくるりと返るようになってきます。

手首がヘッドより遅れてしまうと、フェイス面が閉じてしまい、

引っかけが起こってしまいます。

 

手首がヘッドよりも先に進むと、ハンドファーストの形は、

フェイス面をスクエアにしてくれます。

 

 

普通にアドレスしたら、ヘッドをひょいと持ち上げます。

腰を回していって、インパクトの形を作っていきます。

 

手首の角度を変えずに、スイングしていって下さい。

スイング中は、ヘッドの手首、肘、両肩を結んだ形は、

できるだけ崩れないようにして下さい。

 

バックスイングでは、フェイス面をオープンにしないで下さい。

 

リストターンの種類とマスター方法

今回は、リストターンの種類とマスター方法について、

紹介したいと思います。

 

リストターンに4種類あります。

1つ目は、手首の動きを極力抑えたパターンです。

 

身体の捻転を十分に行って、手首をソフトに

回転させていきます。

ゴルファー本人からは、手首を回転させているようには、

見えません。

 

外側から見ると、手首を回転させていることが

分かります。

 

2つ目は、右手の手首を回転させるパターンです。

肘から手首のかけての前腕部分を強く回転させていきます。

 

遠心力を利用していくので、ボールは飛びやすくなります。

フェイス面がスクエアの時にボールを捉える必要があります。

しかし方向性が狂いやすく、紙一重のリストターンです。

 

3つ目は、腕全体で手首を回転させていくパターンです。

手をこねる動きで、ボールを捕まえていく必要があります。

 

手首を大きく返していくパターンです。

ヘッドスピードは大きく仮想していきます。

しかしタイミングが微妙にずれていくと、

ボールが曲がる可能性が高くなります。

 

4つ目は、左手を甲側に折っていくパターンです。

手首は回転させていきません。

 

グリップがフックタイプの方におススメです。

回転させないので、方向性は確保できますが、

飛距離が出ない危険性があります。