切り返しをマスターする方法

今回は、切り返しをマスターする方法について、

紹介したいと思います。

 

多くのゴルファーの方々は、ボールに当てたい気持ちが

強すぎて、ただ当てるだけのスイングになっています。

 

上級者になると、ボールが当たる瞬間のインパクトは、

スイングの途中経過に過ぎません。

 

スイングのゴールは、フィニッシュの意識なので、

切れのあるスイングになっています。

 

最近のクラブは、重心の距離が長めに設定されているので、

切り返しで力んでしまうと、スイング軌道が乱れてしまいます。

 

スイング軌道が乱れると、ミスショットが大きくなってしまいます。

切り返しから時計の9時くらいまでは、

クラブをすーっと下ろしてきます。

 

9時くらいから4時くらいまでを力を入れます。

そうすると、インパクトでどーんと言う感じになり、

ボールに力が伝わります。

 

9時から4時にかけては、どんなに力が入っても、

問題ありません。

 

スイング軌道を正確に描くためには、

ボールをセットした位置から、1メートルくらいのところに、

小目標をセットします。

 

小目標をセットしたら、小目標に向かって、

まっすぐクラブを降り出していきます。

この時に、両目を結んだラインが飛球線と平行になる

イメージを持ってみて下さい。

 

両目のラインがずれてしまうと、

プッシュアウトしてしまうので、注意して下さい。

スロー切り返し

今回は、スロー切り返しについて、紹介したいと思います。

年齢が若く方は、腕力があります。背筋や腹筋も強いことが多いです。
これらの筋力が強いということは、飛距離を出す要素も多いと言えます。

しかし筋力が多いほど、力に頼ってしまう傾向があります。
ミスショットが出始めると、特にその傾向が強くなります。

筋力に頼り始めると、切り返しが早くなってきます。
早くボールを打ちたいと思い始めると、トップからダウンスイングにかけての時間が
早くなってきます。

しかしこの時間をしっかりと確保することが、スイング軌道を安定させるための
ポイントになってきます。

切り返しを早くしてしまうと、自分の想像以上にヘッドスピードが速くなってしまい、
スイングをコントロールできなくなってしまいます。

切り返しを一定時間確保するためには、手首を必要以上にこねないことが重要です。
ノーコックをおすすめします。

バックスイングの開始と同時に、手首をこねてしまうと、
バックスイングが速くなりすぎてしまって、身体の捻転が不十分になり、
切り返しのタイミングが早くなってしまいます。
タイミングが早くなると、手打ちになり、上体が突っ込んでしまいます。

バックスイングで手首を使わずに、ノーコックで上げていくと、
背筋や腹筋などの大きな筋肉を使うことができて、
切り返しのタイミングが合ってきます。

大きな筋肉を使えるようになると、背骨を中心にスイングできるようになるので、
スローで大きなスイング軌道を描けるようになってきます。

切り返しをマスターするための練習ドリル

今回は、切り返しをマスターするための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

たくさんゴルフ雑誌を読んで、頭で熟考しても、なかなか上達しない方は、多いと思います。
ゴルフは知識を得ることも大切ですが、実際に身体を動かして覚えていく必要があります。

身体を動かしてマスターすべきポイントは、腕で振るのではなく、下半身を有効に使うことが大切です。
下半身を有効に使うためには、左サイドの股関節と肩甲骨の動きが重要になってきます。

この動きを覚えることによって、毎回同じスイングを繰り返すことができます。
右サイドの股関節で腰を回転させてしまうと、スイング軌道にズレが出てきます。

左股関節を回転させる意識を持つと、切り返しを行うタイミングが取りやすいです。

日常生活で立っている時は、両足を揃えるのではなく、左足を1歩引いて、立ってみてください。
この動きが切り返し動作そのものなのです。車を運転する時は、両脇を締めて、運転してみてください。

両脇を締める習慣を身につけることによって、腕をリラックスすることができて、
手打ちを防ぎ、ボディターンをしやすくなります。両脇を開けてしまうことは禁物です。

両脇を開くことによって、腕を自由に動かすことができてしまい、
スイングの再現性が落ちてしまいますので、注意してください。