パターの方向性を安定させる為の練習方法

今回は、について、紹介したいと思います。

写真のようにボールをセットしてみて下さい。
実際にボールを打つのは、左端のボールです。

写真のようにボールをセット

右側にある2つのボールは、カップに向けての入り口の門になります。
ここを通過しないと、ボールはカップに入ることはありません。

カップに入りません。

2つのボールは、仮想の門になります。
スライスラインなら、左側に2個のボールをセットします。

常に入り口をイメージして、そこを通過させるイメージを持ちます。
常に入り口をイメージしていただくと、少し長い距離になっても、
パッティングラインをイメージすることができます。

それでは、実際にボールを打ってみたいと思います。
ボールとボールの間の間隔が狭いと感じた時は、無理しないで、
ボールとボールの間隔を広げてみて下さい。

実際に打って

このように入り口を想定して、本番でも打てるように練習してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

パターのストロークを安定させて、確実に芯でとらえる方法

今回は、パターのストロークを安定させて、確実に芯でとらえる方法について、紹介したいと思います。

ボールの動画のようにセットしてみて下さい。
ボールを3つ並べてはありますが、実際に打っていくボールは、真ん中になります。

ボールをせっとしてあります。

若干広くセット

両サイドのボールは、パターの幅より若干広めにセットして下さい。
真ん中のボールを実際に打っていきます。

真ん中

両サイドのボールに当たらないようにスロトークしていきます。
このようにすることによって、真ん中にしかボールを当てることができなくなります。

例えばインサイドに振り上げてアウトサイドに出してしまうと、
前方にボールに当たってしまいます。

この練習によって、ストロークを安定させることにつながります。
芯でボールを捉えることができるようになってきます。

それでは実際に打ってみたいと思いますので、
ご覧ください。

両肩と手首を結んだ三角形を崩さないように、まっすぐ後ろに引いて、
まっすぐに押し出します。

まずはカップまでの距離を短くして、ストロークに集中しやすくしてみて下さい。
みなさんもボール3個練習を試してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

 

フィニッシュを安定させる方法!ポイントは下半身にあり

フィニッシュでいつもよれよれになってしまう方必見のレッスンです。
finish

【お悩み】==========================
下半身が安定しなくて、フィニッシュでよれよれになってしまいます。
何か解決方法がありましたら、教えて下さい!
===============================

とのご質問にお答えしたいと思います。

気をつけていただく点が1つあります。下半身の動きです。

左足の動きですが、左足が流れてしまうと、
身体がくの字になってしまい、フィニッシュが安定しません。

フィニッシュを安定させる練習方法ですが、
フィニッシュが安定しない原因は、フィニッシュで両足の太ももの間が
離れてしまうことにあります。

フィニッシュを安定させるためには、両足の間に隙間ができないことが重要です。
そこで重要になってくるのが、両足の太ももの内側を意識することです。
左足と右足をイメージしてもらい、緊張感を持たせます。

フィニッシュで、両足の太ももの内側を緊張させて、引っ付ける動作を入れて下さい。
両足を引っ付けることによって、体重が左足に乗ってきて、身体の軸が曲がらない
まっすぐなフィニッシュをとれるようになってきます。
aa

両足の内側が離れてしまうと、フィニッシュが安定してきません。
左足が流れず、右足が前に出ないことが大切です。

両足の内側を意識して、ぎゅっと引っ付けるような意識を持ってみて下さい。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。