過度の身体の回転や体重移動がスイングの遅れを招く

今回は、過度の身体の回転や体重移動がスイングの遅れを招くことについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの9割以上は、振り遅れていると言われています。
普段、たくさんの方々を指導していて、いつも感じることがあります。

数多くあるミスショットの原因は、振り遅れによって、
起こっているということです。

ヘッドが振り遅れてしまう(身体の回転に対してヘッドが遅れてしまう)と、
シャフトが倒れてしまい、フェース面がオープンになってしまい、
ダフリが出たり、打球が右方向にいってしまいます。

打球の動きを察知してしまうと、クラブを手首でこねようとしてしまい、
トップや引っかけが出る可能性が出てきてしまいます。
そして、アマチュアのスイングに注目してしまうと、
9割は振り遅れという現象が出てきてしまいます。

振り遅れの原因は、無理やり身体を回転させてスイングしよう
としていると考えられます。
腕を活用して振っていこうとする感覚がないため、
ヘッドを走らせることがうまくできません。

身体を回転させて打つという感覚は、ダウンスイングよりも
先にバックスイングが重要になってきます。

振り遅れを改善するには、で体を回す感覚をなくすことです。
胸を正面にしていただいて、手でクラブを上げていきます。

腰を切るための練習ドリル

今回は、腰を切るための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

腰を切るための練習ドリルは、3つあります。
1つ目は、ペットボトルを使ったドリルです。最初にいつもの位置にボールをセットします。

クラブは持ちません。腰から上をまげて、前傾姿勢を作ります。前傾姿勢を作ったら、
ボールを中心に飛球線方向と反対の方向に、ボールから50センチくらい離れた場所に、
ペットボトルをセットします。

ペットボトルをセットしたら、バックスイングでは、左手をペットボトルに向かって、伸ばしてください。
ダウンスイングからフォロースルーにかけては、右手をペットボトルに伸ばして下さい。

股関節の前傾角度を崩したり、ひざを曲げないようにして下さい。
前傾角度を作るときは、股関節から上を曲げるようにして下さい。

曲げ方が不十分だと、効果的な練習にならないので、注意して下さい。
2つ目は、クラブを肩でかついで、通常のアドレスをとってください。

前傾角度を維持しながら、肩をバックスイングとダウンスイングで、縦に入れ替えるようにして下さい。
腰と肩の回転は、地面と水平になってしまうと、腰を切る感覚がわからないので、注意して下さい。

3つ目は、実際にドライバーをもって、ハーフスイングでボールを打ってみます。
ダウンスイングからフォロースルーにかけては、腰を切り上げる感じでスイングしてみて下さい。

腰を回すことの意味

今回は、腰を回すことの意味について、紹介したいと思います。

腰を回すときに、腰を切れという表現を使うことがあります。
腰を切るイメージは大切ですが、間違って解釈している方が多いようです。

腰を切ろうとすると、多くの方は、腰を素早く回そうとする傾向があるようです。
腰を切ることを正確に把握する必要があります。

腰を切るとは、股関節を斜め方向に回転していくことを意味します。
多くの方は、股関節を地面と平行に回しているようです。

股関節が地面と平行に回ってしまうと、前傾角度を維持することができずに、身体が伸び上がってしまいます。
腰の回転が外側に逃げてしまうため、スイング軌道がアウトサイドインになりやすくなります。

ボールを正確にとらえることが難しくなってしまいます。
正確にボールを捉えるためには、飛球線方向から見て、
腰を地面に対して、斜め45度の角度で、回転させる必要があります。

斜めに回転させることが、腰を切る動作につながります。
股関節が斜めに回転すると同時に、両ひざが伸びてくる感じがつかめると思います。

右足のくるぶしに意識を置いていただき、ダウンスイングにかけて、
くるぶしを地面につけるような意識を持つと、腰が斜めに回転して、腰を切りやすくなります。