身体の軸を使ったスイング

今回は、身体の軸を使ったスイングについて、

紹介したいと思います。

 

身体の軸を使っていないスイングの特徴としては、

土ふまずがどうなっているかです。

 

土ふまずが浮いてしまって、足がめくれやすくなってしまうと、

軸をうまく使うことができません。

 

土ふまずが浮いてしまう原因としては、

足の指が丸まった状態が考えられます。

 

 

足の指が丸まってしまうと、

土踏まずが地面から離れてしまい、

足が上がってしまいます。

 

足が上がってしまうと、スイング軸が

ずれてしまうのです。

 

スイング軸がしっかりするためには、

足の指を思い切って開くことがポイントです。

 

足の指を思い切り開いたら、つま先に

体重を乗せていきます。

 

つま先を思い切り開いて、体重を乗せたら、

スイングしていきます。

 

そうすると、土踏まずが地面から離れることなく、

軸を保ったままスイングをすることができます。

 

足の指を開くことは、意外と難しいものです。

普段から足の指を開く習慣をつけておくことが重要です。

 

足の指を開くことができるようになったら、

軸をさらにしっかり安定させる練習ドリルを紹介します。

 

左手1本で、スイングしていきます。

左手1本でスイングするためには、しっかりと

左足で踏ん張る必要があります。

 

左手1本でも、踏ん張れたら、大丈夫です。

身体が小さい方がボールを飛ばす方法

今回は、身体が小さい方がボールを飛ばす方法について、

紹介したいと思います。

 

ボールを飛ばすための最大の秘訣は、

身体の捻転によって生まれたパワーを

余すことなくボールに伝えることです。

 

インパクトで下半身が飛球線方向に流れてしまい、

パワーが逃げてしまうことが飛距離を伸ばせない

最大の要因です。

 

下半身が飛球線方向に逃げないために、

ダウンスイングからインパクトにかけて、

左のひざの動きに注意を払う必要があります。

 

ダインスイングでは、左足のつま先で地面を

踏み込みます。

インパクトでは、左ひざを一気に伸ばしていきます。

 

左ひざを一気に伸ばすことによって、

左サイドに壁を作ることができます。

 

壁を作ることによって、手首をスムーズに

動かすことができるようになってきて、

ヘッドスピードが一気に上がってきます。

 

そうすると、エネルギーを効率よく

ボールに伝えることができるのです。

左ひざを伸ばすときの注意点があります。

 

左ひざを伸ばした時に、一緒に身体も

伸ばさないようにして下さい。

 

上体が伸びてしまうことによって、

前傾角度が崩れてしまい、

ミスショットの原因になってしまいます。

 

上体が起き上がらないようにするためには、

インパクトでボールを見続けることが大切です。

 

手と身体で一体化スイング

今回は、手と身体で一体化スイングについて、紹介したいと思います。

ミスショットを何回もしてしまうと、自然に手打ちになってしまいます。
手打ちがダメなことは分かっているので、身体の捻転を意識して打とうとしても、いまひとつ・・・。

手打ちではナイスショットが出ないことはもちろんですが、
身体の捻転を気にしすぎてもクラブが遅れて降りてきてしまいます。

手と身体の一体化スイングでは、身体の捻転を気にしすぎることはNGです。
一体化スイングのポイントは、バックスイングで十分に状態を捻転させることです。

調子が悪くなってくると、捻転の割合がいつもの7~8割くらいになってきます。
捻転がいつもより浅くなってしまうと、ダウンスイングで当てにいく打ち方になってしまいます。

バックスイングで十分にねじり上げることができるようになると、
ダウンスイングでは勝手に手と身体が一体化スイングになってきます。

体が十分に捻転できていると言える基準は、アドレスに対して両肩が直角であることです。
背中が飛球線方向に向いていれば、直角に捻転できていると言えます。

ダウンスイングのきっかけは自然に下半身になってきます。
上体が十分にねじれていれば、腰を速く回転させても、
手と身体の一体化スイングが崩れることはありません。